TENRIKYO
周辺[え]日記

秋色に染まる…^^


  • 2018年11月02日 発信

11月になりました。

朝から冷え込み、秋というより冬に突入した感じがします。

神殿の辺りの紅葉も進み、秋の深まりを感じる頃です。

 

朝づとめの後、本部神殿は朝日を浴びて、荘厳な佇まいを見せてくれています。

その上には、うろこ雲というのか、ひつじ雲というのか、秋を感じさせてくれる空模様。

思わずカメラを向けてしまうのでした。

 

基礎講座会場となっていますおやさとやかた南右第二棟の周辺には、イチョウの木をはじめ、紅葉する木々が秋色をここぞとばかり競って出しているようです。

またこの日(11月1日)は、心地よい風が吹き、散策するのにはもってこいのお天気となりました。

 

朝づとめに参拝した方との挨拶は、「涼しくなりましたね」から「今朝は寒いですね」に変わってきました。

中には、誰もが忘れられない夏の猛暑を引き合いに出して、「今年、秋は来ないのかと思っていました」と語る方まで居られましたが、同感しました。

 

10月、秋季大祭がつとめられ、そして青年会創立100周年記念総会と前日の関連行事「100Fes」も盛大につとめられました。

そして今月は、この朝の冷え込みをこの身に受けながら、白紙に戻る気持ちを大切にして、新たな歩みを進めていきたいと思います…。

 

 

基礎講座では、11月も変わらず講師陣とスタッフが心を込めてつとめます。皆様のお越しをスタッフ一同、お待ち致しております…^^

 

(写真は、朝づとめの後、南礼拝場前にて秋の空を楽しみ、そしておやさとやかた南右第二棟南側から秋の色合いを納めてみた。2018年11月1日記)

ページの先頭へ